産学官が一体となって自動車部品産業の集積に向けた取り組みを展開します。北九州地域自動車部品ネットワーク 〜パーツネット北九州〜 NEW

パーツネット北九州(北九州地域自動車部品ネットワーク)

加盟企業紹介

PPSグループ

第一高周波工業 株式会社

代表者
(役職)
北九州事業所 所長  中村 孝久ナカムラ タカヒサ 業種 金属熱処理業
本社所在地 〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町1-6-2
創業 1950年
資本金 60,775万円
担当者
(役職・氏名)
北九州営業所  所長  井上 祐介イノウエ ユウスケ E-MAIL
担当者
(所在地)
〒806-0001
北九州市八幡西区築地町9番6号
ホームページ http://www.dhf.co.jp
電話番号 093-642-7001 従業員数 480人
FAX番号 093-642-7026 年間売上高 1,288千万円
自動車関連
取引実績
日産トレーディング、豊田通商、豊通マシナリ、TABMEC ISO等認証
取得状況
ISO9001
主要取引先 新日本製鐵、三菱重工業、日清食品ホールディングス、JFE、住友金属
主要製品 高周波焼入、中空ロール、溶射ロール、サイドインパクトビームIH
企業・製品紹介(技術製品等PR)
※歯車の高周波焼入                       
・高周波による歯面、歯底を焼入れすることにより歯車の耐久性が向上する。  

※車輪の高周波焼入
 ・高深度焼入に加え焼き継ぎ個所(ソフトゾーン)が発生しない高周波焼入。
 ・仕様に応じた局部加熱が可能で熱影響が少なく歪の発生も小さい。

※炉熱処理
 ・最大容量15トンまでの横型炉で複雑な形状も処理可能。
 ・LPGによる対流式のため炉内雰囲気温度の均一化が図られる。

※溶射ロール
 ・高周波によるフュージングを施すため、表面から内部まで均一な温度管理を可能とした高位安定の品質確保ができる。(最大膜厚3mm)

※鋼管熱処理装置
 鋼管や丸鋼を高周波誘導加熱により低歪で熱処理加工を行う。
 ドアガードバー、インパクトビームなどのドア補強材の熱処理に威力を発揮する。
主要設備
ガス熱処理炉・歯車自動焼入機
竪移動焼入機・横移動焼入機・プラズマ溶射装置・高周波フュージュング装置
関連(資料)画像
歯車高周波焼入
車輪の高周波焼入
熱処理炉
プラズマ溶射
高周波フュージング
HVOF溶射

加盟企業紹介

グループごとに表示しています。ご覧になりたいグループをクリックしてください。

金型・成形グループ

金属加工グループ

PPSグループ